筋トレ方法

高校生がトレーニングする際に気をつける点は?

 

質問
質問

高校生がトレーニングするときに特に注意した方がいいことはありますか?

ブロッコ侍
ブロッコ侍

部活をしているかしていないかで大きく変わるのですが、今回は部活をしているという前提でお答えします。

一番に注意しなければいけないことはオーバーワークです。

まだまだ日本の部活動では必要以上に練習をする傾向があります。それに加えてウエイトトレーニングを行うと多くの場合オーバーワークに陥り、結果が伴わないことが多いです。

また、高校生などの若年層では筋トレYoutuberの影響が強くボディビルディング的なトレーニングが人気だと現場のトレーナーから聞いたことがあります。

これは決して悪いことではないですが、パフォーマンスを上げるためには「筋肉をつける期間」「ついた筋肉を使えるようにする期間(筋肉の出力を上げる)」に分ける必要があります。

シーズンに合わせてピーキングをすることが重要です。多くの高校スポーツでは3年生が引退後には公式戦が少なくなると思います。ここで「筋肉をつけるトレーニング」をすることをオススメします。

また、この期間でもオーバーワークを防ぐ意味で「ネガティブ」トレーニングは不要だと思います。

筋肉をつける期間にはBIG3を中心に「8~12repできる重量を3set」、筋肉を使えるようにする期間には「3~5repできる重量を2set」を目安にトレーニングすると効果的です。(ざっくりですが)

高校生でのウエイトトレーニングは非常に重要ですが、この期間はスポーツの技術がとても伸びる期間でもあります。

個人差はありますが、筋肉は高校卒業後の方がつきやすくなります。この時期は体を完成させるというより、今後の基礎づくりとしてウエイトトレーニングとして取り組むのがいいと思います。

 

また、ハードな練習によりカロリー消費が多くなるので補食を忘れずに!

練習前後におにぎりなどで栄養補給を欠かさずに!

もちろんプロテインの摂取もオススメです。余裕があれば使ってみましょう。

 

↓質問はこちらから受け付けています↓

https://peing.net/ja/kireteru0427

ABOUT ME
ブロッコ侍
ブロッコ侍
ブロッコ侍です。現役アスリートのバルキー男子です。アスリートの観点でボディメイクについての情報を発信します