Food

最強の腸活サプリDr.Ohhira’s Probioticsレビュー〜シンバイオティクスを越すポストバイオティクス〜

こんにちは、ブロッコ侍(@bloc_samurai)です。

今回はレビュー記事です。

新しいプロバイオティクスのサプリを購入して、その効果が凄まじかったので皆さんに共有します!

・なぜ、新たなサプリに変えたのか?

・今回試したサプリの良い点は何か?

この辺りをレビューしていきたいとおもいます。

今回注文したサプリとは?

まず、プロバイオティクスって何なの?って方は以前の記事をご確認ください。

今回注文したサプリはDr.Ohhira’s Probioticsというサプリ。

ちなみに中身はこんな感じ。

プロバイオティクスとして大平猪一郎さんという日本の研究者が発見した乳酸菌(エンテロコッカス・ファエカリス)の一種であるTH10と呼ばれる菌株など12種類が配合されています。

一ヶ月分で5355円と少し高価なサプリになりますが、非常に効果が高いサプリです。

というのもこのサプリただのプロバイオティクスではないのです。

何が他のサプリと違うのでしょうか?

野菜や果物を三年間発酵させてサプリに凝縮

フルーツプルーン、ゴジベリー、イチジク、ブルーベリー、レッドベイベリー、シトラスジュノス、わかめ、こんにゃく等を上記の12種類のプロバイオティクスで三年間自然発酵させているようです。

そしてこれらの野菜や果物はプレバイオティクスとして働くため、以前の記事でも紹介したプロバイオティクス+プレバイオティクスのシンバイオティクスがこのサプリだけで完結しているわけです。

三年間自然発酵させているということで他のサプリより高価になる理由がわかります。

シンバイオティクスを超えたポストバイオティクス

このサプリの最大の特徴と言ってもいいポストバイオティクスが配合されているということ。

あまり聴き慣れない言葉ですが、自然発酵をする過程で代謝産物ができます。

腸活をする上においてはこれらの代謝産物が腸内フローラを整えることに並んで重要です。むしろ代謝産物によって腸内環境がよくなるのでこちらを産み出すのが腸活の最終目標だったりもするわけです。

主なポストバイオティクスとその働き

代表的なポストバイオティクスは酪酸や乳酸などの短鎖脂肪酸です。

酪酸菌は酪酸を乳酸菌は乳酸を多く作り出します。これらが大腸で作り出されることでPHが弱酸性に保たれて悪玉菌が増えるのを防ぎ、また大腸で余分な水分を吸収を促しうんちがいい形(下痢でない)で出てくるのを助けてくれます。

ブロッコ侍の腸活の最終目標は「いいウンチを出すこと」でしたのでまさにこれを助けてくれる成分が短鎖脂肪酸であり、ポストバイオティクスであるということでした。

短鎖脂肪酸のパワー

短鎖脂肪酸である酪酸塩を太ったマウスに与えると

・血中コレステロール↓

・中性脂肪↓

・インスリン感受性↑

となり、肥満が解消されたという研究もあります。

ちなみに牛乳を発酵させたバターにもこの酪酸塩は豊富に含まれます。

Dr Ohhira’s Probioticsのポストバイオティックス

短鎖脂肪酸ををはじめ様々な成分が含まれます。野菜を自然発酵させるのでポリフェノールなんかもしっかりとサプリに残っていますね。

Dr Ohhira’s Probioticsレビュー

Dr Ohhira’s Probioticsを購入した理由

以前から腸活をしていて快”腸”だったわけですが、お恥ずかしながら年末年始の会食や旅行でなかなか食事コントロールができず、少し腸内環境も乱れを感じていました。

そんな時、僕の愛用サプリであるいProbiotic-3が在庫切れで買えない状況でしたので、奮発をして新たなサプリの導入に至りました。

効果は翌日から明確に

「サプリに劇的な効果は期待してはいけない」

「サプリだけで変わることなんてほとんどない」

このように普段から言っている僕です。

そもそもプロバイオティクスは数週間〜数ヶ月摂り続けないと腸内フローラは変わらないのでそんなに期待はしていませんでした。

摂る前は上述の通り、腸内環境が乱れ少し水っぽい便が続いていたのですが、バナナ型の匂いがしないウンチが翌日にはぽろんっ。

プレバイオティクスやポストバイオティクスの効果が大きかったのだと思います。これにはびっくり(もちろん他の要因もあると思います)

こんな人におすすめ

便秘が続いている・便が緩い

これらの慢性的な症状では腸内細菌をはじめとする腸内環境を整える必要があります。

またポストバイオティクスとして配合されている短鎖脂肪酸は大腸でのぜん道運動を促進し、余分な水分の九州を促進するのでこれらを改善できる可能性が高いです。

食事のコントロールが難しい

やはり腸活の基本はサプリではなく食事です。

食物繊維をたくさん摂り(30g〜/日)、発酵食品をたくさん食べる。過剰な脂質を控える。

この辺りを徹底していると割とどんな方でも腸内環境は整っていきます。

とはいえ、毎日厳格に食事をコントロールをするのは普通の日常生活を送っていると難しい。

そんな時はこのサプリがおすすめ。

早く結果がほしい

ヒトの腸内環境はすぐには変わりません。

少なくとも数週間同じ菌を摂取続けなければ菌は定着しないです。

そして定着の結果、酪酸や乳酸などの短鎖脂肪酸が腸内で増えて腸内環境が整う結果になります。

Dr.Ohhira’s Probioticsは善玉菌で野菜を自然発酵させたサプリですのでそもそもこれらの代謝産物が含まれています。

これが直接腸内環境を整えるので即効性を感じられます。(少なくとも僕は)

ちなみに酪酸はレジスタントスターチの摂取で多く産生されます。プレバイオティクス系のサプリでは圧倒的にポテトスターチに効果を感じます。

お金に余裕がある

他のサプリと比較してやはり高いサプリになります。

腸活は個人的にはボディメイクでも健康でも優先順位高いのでお金をかけるべきだと思います。

BCAAとEAAで迷うくらいなら、腸内環境を整える方が効果的だと思うくらい。

そして、それだけ優先度が高いので安物買いの銭失いにならないようにして欲しいです。

個人的には以前からおすすめしているAOR Probiotic3もおすすめです。

本来の目的から言うとProbiotic3くらいでしっかりと腸内フローラを時間をかけて整えるくらいがいいかもしれません。
食事だけでも整えれますが、よっぽど意識的に発酵食品を摂る必要が出てきますので、ここでは文字通りサプリメンテーション(補う)のがいいと思っています。

まとめ

サプリはどんどん断捨離していますが、久しぶりに新たなサプリを試してみると心が弾みますね。

サプリ全体にかかるコストが減った分厳選していいものにはしっかりとお金をかけれるので、今まで射程圏内になかったサプリも買えるようになりましたし。

プレバイオティクス、プロバイオティクス、シンバイオティクスこの辺りは定着してきましたが、ポストバイオティクスと言う観点はない方も多かったのではないでしょうか?

少し高くなりますが、一押しのサプリです。

Dr. Ohhira's, Probiotics、オリジナルフォーミュラ、カプセル 60粒

iherb
Dr.Ohhira’s Probiotics

ABOUT ME
ブロッコ侍
ブロッコ侍
ブロッコ侍です。現役アスリートのバルキー男子です。アスリートの観点でボディメイクについての情報を発信します