未分類

【提供品】ファインラボ「ファイナルEAA+HMB」をレビュー

暑い日が続きますね。新型コロナ流行も相まって外に出る機会が減っています。

心なしか脂肪が増えている気がしている、私ブロッコ侍(@bloc_samurai)です。

今回はファインラボさんから発売されているEAAを提供いただいたのでレビューをさせて頂こうと思います。

EAAとBCAA

自分も含めて語られ尽くされている気がしてもうお腹いっぱいな気もする話題ですが、まだまだ違いがわからない人もいるかと思うので少しだけ。

まず筋肉をつけたい人にとってどちらが優れているかという二択になるとEAAになると思います。

体の中で合成できない必須アミノ酸(EAA)を摂取して筋肉の材料にするわけです。トレーニング後にプロテインシェイクなりタンパク質豊富なご飯を食べるのもいいのですが、レーニング中に素早く吸収されるEAAサプリが重宝されるわけです。

ヒトにおいて基本的に筋肉でしか代謝されないという特殊な性質からBCAAにフォーカスが当てられることも多くキャッチーに売り出されています。筋トレ愛好家の中でも根強い人気があります。

「トレーニング中のエネルギーになる」「筋肉の分解を防ぐ」などがよく言われる売り文句でしょうか。

ただ、筋トレくらいですとアミノ酸が積極的にエネルギーとして利用されることはあまり無いです。またBCAAだけ摂取しても他の必須アミノ酸が不足すれば筋分解も行われるため、この観点ではやはりEAAの方が優れています。

そもそも「トレーニング中のエネルギーになる」「筋肉の分解を防ぐ」などの効果は糖質の方が優れているような気もします。

そしてここまで話した上でEAAであってもBCAAであってもそれだけで劇的に体は変わることはなく、お互いの差も小さいものであることは皆さんにわかっていて欲しいです。

「トレーニング方法を変えた」「食事方法を変えた」→体が大きくなった、痩せた

とはよく聞きますが

「BCAA飲んだ」「EAA飲んだ」から体が大きく変わったということは自分自身聞いたことはないです。

摂っても摂らなくても大差はないと思いますし、ましてやEAAとBCAAの間に大きな差があるとは思いません。

でもそのわずかな恩恵でも受けたいと思うのがトレーニーの性です(僕もそう)。

そしてどうせなら品質や成分のいいものをと思う人も多いでしょう。そんな方にとっては今回の記事は有益になると思います!

ファインラボが好き

サプリでも身の回りのものにしてもこだわりが感じられるものが好きです。

ファインラボのWHEY PROTEIN PURE ISOLATE,ヴィターゴなどをはじめ以前からこだわりがすごいな〜と思っていました。

フィットネスブーム?もありいろんなサプリが溢れていますがこだわりが感じられるものは多くないです。

ファイナルEAA+HMBもやっぱりこだわりが詰まっている

こだわり①成分

EAAが優れていると言われ始めてEAAを謳う商品が増えていますが、成分を見てみるとほぼBCAAに少しだけ他のアミノ酸が加えられているものや、そもそもアミノ酸の配合比率が書いていないものも多いです。

その点ファイナルEAA+HMBは以下のようにしっかりと配合比率が明らかにされています。


ファインラボHPより引用

BCAAのようによく研究でも使われる配合比率(バリン:ロイシン:イソロイシン=1:2:1)が分からないのでこの配合について僕には判断が難しいのですが、BCAAとEAAを比較した研究ではこれに割と近しい配合比率でEAAがmTORC1を活性化させています。

詳しくないのでわかりませんがヒトの筋肉がこれに似た比率だったりするのでしょうか?

とりあえず上記研究で使われている比率と比較的に近く、エセEAAとは一線を画していることがわかると思います。

そしてアミノ酸以外の成分(電解質やカーボ)などによるかさましもありません。

こだわりだな〜と感じます。

一応HMBも入っています。HMBに関しては敢えて単体で摂ることはないのですが入っていたら嬉しいですね。HMBいらないから価格を抑えて欲しいこともないですが。。。

こだわり②味

基本的にEAAのサプリはトレーニング中に飲む人が多いと思います。

味が不味ければそれだけでトレーニングの質が下がり、結果的に筋肉がつきません(ブロッコ調べ)。

その点BCAAは美味しい商品が多いですね。

「ファイナルEAA+HMB」は3つのフレーバー展開があるのですが、この味についてそれぞれレビューしていきます。

ストロベリー風味

イチゴ味のキャンディーのような風味がします。

実際のイチゴのような酸味はなく、ほんのり甘いです。

海外製の味が濃いBCAA(XTENDなど)と比べると、物足りなさはありますが優しくてかなり美味しいです。

唯一気になる点は喉越しがあまりよくないこと。冷たい状態ならあまり気にならないのですが、緩くなってしまうと美味しくなくなってしまいます。

マンゴー風味

これはマジでマンゴーの味がします。

味は薄めですが、イチゴよりも後述のキウイ風味よりもはっきりと主張してきます。

他のフレーバー同様に喉越しは良くありませんが、これも相まってよりマンゴー感があります。

この喉越しが良くないのはEAAの何かの成分が関係しているような気がします(BCAAにはない)が、マンゴーは非常にこの感じにマッチしており冷えていて美味しいのはもちろんぬるくなっても美味しいです!

キウイフルーツ風味

キウイ風味なので風味自体はすっきり系です。

普通に美味しいのですが、このEAAとすっきり系の相性が良くないかな〜?と個人的には思います。

やはり喉越しが良くないのですっきり系なのに味がぼやけてしまう気がします。

まあこの辺は自分が味の濃い海外製に慣れてしまっているからより感じやすいのだと思います。

どれも美味しくて後は好みな気はしますが、あえてランク付をするなら

マンゴーストロベリーキウイ

といったところでしょうか。本当に全て美味しいです。

全体的に甘さ控えめなので海外製品に比べて物足りない感じはしますが、逆にこっちに慣れてしまうと海外製がくどくて飲みにくく感じるようになります。

気になるのは価格

肝心の価格ですが、海外製のBCAAなどと比べると割高です。

  • 200g  4,300円(税抜)
  • 400g  8,400円(税抜)

とはいえ前述の通り成分で余計なかさましは無く、純粋にEAAを摂取したい人にとってはそこまで高いとは思いませんが。

この辺の価格と実際に期待できる効果との兼ね合いでやっぱり「BCAAを選ぼう」とか「海外製の安いEAAを選ぼう」という選択は全然ありだと思います。

まとめ

さて今回はファインラボのファイナルEAA+HMBのレビューでした。

ファインラボらしいこだわりが詰まった商品だと感じました。

ABOUT ME
ブロッコ侍
ブロッコ侍
ブロッコ侍です。現役アスリートのバルキー男子です。アスリートの観点でボディメイクについての情報を発信します